START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH

 少子高齢化が叫ばれ、労働者人口の減少が進む中、女性が働きやすく一層活躍できる環境づくりは、これからの社会や企業の成長戦略に欠かせない課題となっています。

 働くみなさんの職場環境整備の一環である「事業内保育所」は、企業にとっても人材確保の優位性や競争力強化の視点からも中長期戦略の投資対象として注目されています。

企業内保育施設
導入のメリット1
優秀な人材・女性の人材の確保

 仕事と育児の両立を強力に支援する企業内保育施設を設けることは、働く方々の精神的・肉体的負担を大幅に軽減し、豊かな生活の支援につながります。なにより、子供を職場内にある施設で安心して預けられることは仕事の効率化と働く方の意欲の向上になります。

企業内保育施設
導入のメリット2
人材の育成効率と成熟度の向上

 仕事と育児の両立が可能となることで、優秀な人材の定着率が向上し、人材育成にかかるコストを軽減することにもつながります。結果として習熟した組織構成となり、企業の安定化と競争力強化が可能となります。

企業内保育施設
導入のメリット3
社員の意識向上と業務効率の改善

 働き方改革やワークライフバランスの意識が高まると同時に、AI化等による飛躍的な業務効率の向上が見込まれる中、企業の体質改善や勤務時間管理に対する意識改革は社員の帰属意識の高まりに繋がります。

企業内保育施設
導入のメリット4
社会に対する企業価値の向上

 働く人を大切にする企業として、対外的にも企業価値の向上が図れます。求められるCSR(企業の社会的責任)の一環として導入する企業も増えてきています。

運営委託のシステム

施設や設備といったハード面はクライアント様、運営のソフト面を保育キャリア研究所が提供することで円滑な保育施設の運営が可能になります。委託費用は保育園の運営規模と運営形態に応じてご相談させていただき、保育料に関してはクライアント様にて自由に設定していただけます。

企業内保育施設をご検討の方へ

準備から運営サポートまで当研究所にお任せください